ダイスケのブログ 記事

Blog

モデルに成るには

Wednesday, May 9, 2018

 

実際に海外と日本で活躍したモデルのダイスケAが、講師の経験も含めて『モデルになる方法』として解説している人気のブログ。モデル総合情報のサイトから抜粋♪

 

さて、先ずは一般的な「モデル」との言葉で再確認しておかないとアカン事があります。

 

日本で言う一般的なモデルって言葉は、TVなどで観かけている「タレントモデル」がほとんどであり、芸能事務所に所属し、タレント・芸能人としてモデルの仕事をしています。「読者モデル」これは省略w

 

これから触れるモデルとは、「プロモデル」でして、ここ近年にTV番組の中で区別するために都合上で生まれた言葉です。推測ですが、「プロのモデル」って所が所以かと思われます。海外で言うモデルはこちらのジャンルです。

有名人としては、【冨永愛】が一番イメージしやすい人ではないかな。現在芸能人で元プロモデルの出身で言うと、阿部寛、大沢たかお、反町隆史、竹野内豊、福島リラ、渡辺杏、平山祐介、前川泰之、伊勢谷友介、井浦新などなど…まぁ、実は沢山いますね~私の年齢前後で観てきた方々でもありますw

 

とは言え、これから書く『モデルになる方法』は、ひとまずタレントモデルになる方法や手順と重なる部分が多々あり、ぶっちゃけ~プロモデルも知名度が上がり過ぎてタレントモデルや芸能人になってしまう結果があったりもします。

プロモデルのジャンルでは、知名度が上がり過ぎての弊害があったり、そもそもモデルとは?ってな深い内容には、また別の機会でw

 

そもそも個人的にツッコミたい事は『プロモデル』、プロじゃないモデルって何?とも思いますし、現実を知っている経験者の私としては、これは本当にプロの世界なんだろうか?なんて疑問がありますw

そもそも『プロとは?』ってな議題も好きですが、話がそれるので、また別の機会でw

 

やっと本題w『モデルになるには』ですが、これは大まかに3つの形に別けて説明します。

 

先ず、モデル事務所・芸能事務所に所属する形。これがスタンダードであり、ベストの形だと私は思っています。

 

次に、専属モデルとなる形。これは様々な形とクライアントが存在すると思われますが、一般的な王道はファッション雑誌の専属モデルです。毎年、いろんな雑誌が公募していますね♪

 

フリー。これは本来、それなりにモデルを経験して知名度もある人に限られた形だったはずであり、事務所に所属出来ないが諦めきれないで仕方がなくの形でもありました。がしかし、ここ近年では状況に変化が生じてます。インターネットとSNSの発達が、フリーであるデメリットを大きく改善する状況にあると言えるので馬鹿にできません。

実を言えば、プロモデルには逆風であり迷惑な話でもあるのですが~芸能人にならないモデルの先を構築する可能性が出てきたとも言えるメリットでもあります。まぁ、判断材料とやるべき事が増えてしまった事実でもありますが、これはまた別の機会でw

 

フリーでモデルを行う場合、気をつけなければならない事は多々あり、将来を台無しにしかねない事だったり、事務所に所属する場合の妨げになる事があります。まぁ個人的には、やはり基本となるルールや知識などの基盤は学んでおく事が吉と言えるのではないかと思います。

 

『モデルになるには』専属モデルを狙う、フリーで動く、事務所に所属する、この3つの形と解説しましたが、ぶっちゃけ~それなりになると事務所が必要になる理由がありますw

 

そして個人的に使い分けたい重要事項、「モデルになる」と「モデルに成る」は意味が違う!さてそれは…と投げかけたい事だったりします♪w

 

次の『モデルになる方法』では、先ず事務所に所属するために重要な事についていくつか書きます。

 

 

 ★モデルになりたい <ここを押す

 

 

 ★モデルになる方法 <ここを押す

 

 

Please reload

広告

 

​シェアをお願いします♪

現在HPを日々改築中!

​☆☆☆☆☆

広告

  • アマゾンの社会のアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン
  • Instagram Social Icon
  • Facebook Classic

 

お問い合わせ

contact@daisuke-ozi.com