ダイスケのブログ 記事

Blog

モデルになる方法

Thursday, May 10, 2018

 

実際に海外と日本で活躍したモデルのダイスケAが、講師の経験も含めて『モデルになる方法』として解説している人気のブログ。モデル総合情報のサイトから抜粋♪

 

『モデルになる方法』

これは簡易な単純説明では難しい矛盾点と重要ポイントが存在しますので、先ずは全体像をサラッと説明してから細部を個別に書いてみようと思います。

 

前提の話となりますが、私がモデルを始めた頃に様々な事を理解していたわけではありません。私はたまたまラッキーで走り抜けた部分であって、いろいろと経験してみた後に、周囲を見渡して感じ思えた事だと言えます。

 

 

先ず、時間的な性質の3点を前提とし、ボンヤリで構わないので頭に置く。

 

1、モデルを始める初期の頃が意外とチャンスの大きい時期と言え、とても大事に準備してスタートダッシュすべきと思えます。しかしこれは、新人が知り得る事がとても難しい矛盾が存在する。

 

2、モデルとしてのレベルアップとダウンは、好くも悪くも相乗効果が作用し、とても地味な形でしか体感できない性質があるので、方向感覚を見失ってしまいがちである事。レベルアップし難くそのチャンスは希少であるにも関わらず、不のループには陥りやすいので、スタートダッシュからの微妙な変化を本人が把握し辛い事。特質過ぎてタチが悪い。

 

3、モデルには絶好調と通常時に倦怠期とがグルグル回っており、全体像として賞味期限的なものと、ポジショニングにレベル別けグループみたいなものが存在する。長期的戦略で考え難い焦りの矛盾が存在する。

 

 

時間的な性質を念頭に置いての戦略を考えつつ……

次に、自分自身のキャラクター設定を定めてから磨きをかける事、2点。

 

1、どの仕事ジャンルをどういったバランスで勝ち獲て行くのか?自分の意向と現実問題を考慮したバランスで設定し、それに磨きをかける事。新人はそもそも仕事ジャンルのバランスを知り得ない矛盾。

 

2、ある程度で磨かれたキャラクターもしくは光る原石の存在感を、必要なアイテムに変換する。これは写真で事務所を受ける時とその後に最重要となるアイテムです。

 

 

結果論として、事務所を受ける時の段階は第三者の見解で判断される事を理解する。ちなみにフリーの場合でもクライアントからしてみれば第三者の見解と判断であると言える。

 

 

そして具体的な行動開始。

 

自分の打立てた戦略に見合う事務所に所属してから、再度で事務所側と様子見しながら、上記戦略もすり合わせしながらで新人時代に突入!

 

その後は事務所と一緒に、オーディションで再度の客観的判断をされながら、重要アイテムのコンポジットカード(近年的に言えば、コンポジットカード要素となる写真)と、ブックの構築とをレベルアップさせる日常生活のルーティン開始となる。

 

この重要アイテム類は底力としての蓄積キャリアアイテム。

加点要素として年齢に見合った客観的人間性となんとなく感じさせる雰囲気が、オーディションの最終段階には物を言うし、実となる広告系に大影響を及ぼす。が、しかし~これはモデルの特質上とは矛盾を感じる問題点がある。

 

 

この全体像は、ある程度で様々なジャンルとハイレベルの仕事を勝ち獲た上に、長期的ルーティンを経験し獲ないと理解し難いのではないかと想う矛盾……。

 

情報収集して戦略を練り行動に移すとの流れですが、新人時代こそにチャンスが大きいはずなのに新人が知り得る事が難しい矛盾が存在する…。これは特に気をつけて欲しい難しい問題だったりします。

 

さて、全体像を簡易に述べた上で~次から細部の説明を個別に書こうと思います。

事務所の選び方の受け方とコツ、レッスン料や撮影費について、モデルとして気をつけるべき重要ポイント、新人時代からとっとと突き抜けたいルーティン、一発逆転方法、などなどですw

 

 

 ★モデルになるには <ここを押す

 

 

 ★事務所を決める際の問題点 <ここを押す

 

 

Please reload

広告

 

​シェアをお願いします♪

現在HPを日々改築中!

​☆☆☆☆☆

広告

  • アマゾンの社会のアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン
  • Instagram Social Icon
  • Facebook Classic

 

お問い合わせ

contact@daisuke-ozi.com