ダイスケのブログ 記事

Blog

事務所を決める際の問題点

Thursday, July 26, 2018

実際に海外と日本で活躍したモデルのダイスケAが、講師の経験も含めて『モデルになる方法』として解説している人気のブログ。モデル総合情報のサイトから抜粋♪

 

モデルや芸能事務所に所属を決める際の問題点について。

ここ近年はフリーで活動する選択肢も随分と歌詞全されましたが、やはり事務所に所属する事が王道です。そもそも、事務所に所属する事とフリーでのメリットとデメリットを比較して考えてみると、そんなに難しい事ではないのですが、知り得ない事実がそれを邪魔するのかもしれません。

 

 

とりあえず、事務所に所属を考えた場合で発生する気をつけるべき点を挙げてみます。

 

先ず、どこの事務所がどんな仕事ジャンルに強いのかの情報収集が難しい事。芸能事務所などでは、目標となる人が所属している事務所を探すのが容易いのですが、目につく露出ある仕事と、実はあまり知り得ない部分の比重の方が多かったりします。

モデル事務所の場合、ファッションとしてのジャンルは目につくのですが、その他の仕事は皆無に近い位で知らないのが事実なんじゃないでしょうか。そもそも、プロモデルとタレントモデルの違いも知らない場合、想っていたイメージと現実の違いにあるギャップにやられます!

 

要注意ですが、夢を売っている世界だからこそどうしても闇が潜む世界であり、まともな事務所は1割、まともに成りかけている事務所は2割、残りはテキトーなインチキです。

所属する事務所選びに失敗すると、費用と時間を大きくロスします……。

とは言え、所属を選ぶのは事務所側が優位であるので難しい問題です。

 

同じく、よくある質問や相談なのですが~所属の際にかかる費用とレッスンの問題です。

ハッキリ述べておきますが、何事も学ぶ事や訓練に関する初期投資は必要になります!大企業に就職したいから良い大学に行くのと原理は似ています。

残念ですが、人の夢に付け込んで登録料やレッスンで成り立っている事務所が多く存在し、大手の事務所もスクールを設立して良い素材だけをピックアップする現状も生まれています。

 

まともで一般的なモデル事務所だと、通信料の類となる費用が月額で千円~5千円くらい。最初の所属費用となる類にも取れますが、年1でパンフレットやHPなどの掲載関連などが5千円~3万円くらいで、事務所の情報発信規模によります。これは歩合制である以上、これを稼げない所属者は辞める事を考える機会とラインとして捉えればさほど問題はありません。

ちなみに、モデルのマネージメント料は20~35%が一般的で、芸能事務所は50%前後です。マネージャーの人数比率と内容に大きな違いがあります。

 

次の2点が大きな問題点。

最初に必要となる宣材資料の撮影費用と、レッスン費用……。これに関しては別で述べます。

 

単純に、上記にある一般費用を大きく上回る場合は所属を辞める事をおススメします!とは言え、なかなか所属出来なかった人がやっと見つけた希望の光にチャンスを見出す気持ちは理解できます。そこに付け込むビジネスが存在する事を理解した上で、自己責任でしっかり判断しましょう。

長い目で考えた場合、誰もが成功する世界ではありませんので、諦めるのも勇気と英断と言えます。

ちなみに、大手の芸能事務所でも新人はレッスンスクールに通う事は普通にあります。しかし、本気で育てたい新人はしっかり契約された上で、初期費用が不要である事実が存在する事も知っておくべきです。

 

 

 ★モデルになる方法 <ここを押す

 

 ★宣材資料の撮影と費用 <ここを押す

 

 

 

Please reload

広告

 

​シェアをお願いします♪

現在HPを日々改築中!

​☆☆☆☆☆

広告

  • アマゾンの社会のアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン
  • Instagram Social Icon
  • Facebook Classic

 

お問い合わせ

contact@daisuke-ozi.com