ダイスケのブログ 記事

Blog

プロモデルの情報サイト

Tuesday, April 26, 2016

 

 とんでもないプロモデルの詳細情報が載っているサイト教えてもらった♪凄いと思う!なぜそれを知っているのかってレア情報まで載ってるw↓

 

http://collection-model.net/model/2000s-international-men/index.html

 

 自分は実際、2000年代に海外に挑んでたモデルはかなり知ってるほうかと思われます。 老けてましたので、先輩方々との絡みは多かったしw モデル辞めてからもそれなりに相談あって噂情報は聴いていたし、2014-16でまた実際にミラノ行ったしね。

 

 上記のサイト、自分の知ってる記載されてないモデルや不完全な情報はあるけれど~かなりまともなプロモデルの情報サイトでトップクラスだと思われます。

 きっと、情報提供者にファッション関係者とモデル事務所の人や実際に海外行ってるモデルが仲間内にいるんだと予想♪

 

 

 ついでに教えてもらったサイトをもうひとつ。 これは海外向けっぽくて、何処かのキャスティング関連の人がやってそうw 知る事が難しい事務所の情報がリアル過ぎる。

http://www.models-tokyo.com/

 ショーの動画や写真を観るのは楽しいですな♪

 

 

 ついでのもう一発! これは世界で有名なサイトなんだけど、ランキングはNY内での話っぽいので、世界ランキングとは厳密には言えないんだけど~実はNYでの市場がそのまま世界ランキングと言えなくもない現状があるのですw

http://models.com/

 上田の大ちゃんも~また再度でランキング入りしても良い気がするんだけど、どうなんだろうね~

 彼のヨーロッパ初期、自分とギリギリで被っていて、実は自分は知ってたりしたんだけど……彼は本当に凄いね♪

 

 

 

 そうそう上記のサイトとかざっと眺めてて思ったのだけど、自分が知っている情報と外部情報を参考にしてみても~海外に所属したモデルって案外で少ないよね…。 男性より女性のほうが、まだ状況はベターなはずなのに、意外と男性のほうが多いのかもしれない。

 ここ15年間で海外で事務所に所属した上で仕事を獲られた人って~男性70女性50人くらいなのかな? きっともっと多いのかなとも思うけど。

 自分が関わってのアドバイスして海外所属したモデルは男8女8人位で、いろいろな人の努力を眺めてきたんだけど……。

 

 日本人モデルはもっと評価されて欲しいし、頑張ってる人を応援する何かがもっとあっても好いよね!

 

 

 ★ モデル・タレント特別講師の略歴

 

 

サブカテゴリー

Please reload

広告

 

​シェアをお願いします♪

現在HPを日々改築中!

​☆☆☆☆☆

広告

  • アマゾンの社会のアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン
  • Instagram Social Icon
  • Facebook Classic

 

お問い合わせ

contact@daisuke-ozi.com