ダイスケのブログ 記事

Blog

あやしい彼女

Tuesday, January 31, 2017

  韓国の『怪しい彼女』を超おすすめと紹介しましたが、日本の『あやしい彼女』はいかがなものか?気になってたので映画館まで足を運びましてん♪リメイクの妙味!

 

 ちなみに映画館で日本映画を最後に観た記憶は、大分県で『ホームアローン』と『シザーハンズ』の二本立てって気がするのだけどw 笑えるほど遠い記憶です! 昔の映画館は二本をセットで上映してたのは珍しくなかった懐かしい記憶で~小学生でしたので、ホームアローンを観に行ったのに、シザーハンズのほうが好かった♪なんて、発見もあったりw

 

 さて、『あやしい彼女』リメイクでストーリーを知っていたとしても、十二分に楽しめました! かなり忠実なリメイクと言えるのだけど、日本版であるメリットは活かされておりまして、万人受けする内容に付け加え~意外に大人が好きな雰囲気の味付けがされておりました♪

 

 この映画、韓国でヒットしてすぐに様々な国でリメイクされておりまして~日本のを観て思ったのですが、設定にある好きズルさ「各国にある独自の懐かしさを音楽を利用して楽しめる」このリメイク権も最初から考えてたとすれば天才的で凄すぎる! 意外に知られてはないかもですが、権利ビジネスとして半端ではない成功があるのです。

 

 映画の内容はですね、お婆ちゃんが突然で若返って青春を謳歌する♪って本筋に、親子三代の関係が絡むヒューマンのストーリーをコメディタッチでありつつ、音楽的な見所も存在させておるわけです♪

 

 二十年前、韓国が国支援を加えて映画に力を入れ始めたと専門学校で話題に上がってた事を思い出しますが~アクションだけでなく、ストーリー性やエンターテイメント性に関しても明らかにレベルが上がってると感じられます。

 

 リメイクとして映画を観る事、それはそれで楽しむ観点を変える意味合いでも楽しめるのですが~この作品は、観ているうちに自然と普通に観れちゃってましたw

 ほぼほぼ忠実にリメイクされ、9割は同じ様にも感じられるのに… 不思議なもんです♪

 

 

 映画紹介★怪しい彼女、韓国版

 

 映画紹介★心への影響

 

Please reload

広告

 

​シェアをお願いします♪

現在HPを日々改築中!

​☆☆☆☆☆

広告

  • アマゾンの社会のアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン
  • Instagram Social Icon
  • Facebook Classic

 

お問い合わせ

contact@daisuke-ozi.com