ダイスケのブログ 記事

Blog

八王子の部屋 5

Sunday, May 22, 2016

 八王子の部屋は今回で最終話。 まぁ、他にも妙な実体験は多々あるんですけど……それはまた、おいおいw


 今思い返す八王子の部屋。 ある意味、鈍感過ぎたのかもしれませんがw よく考えれば~とにもかくにも、妙な感じが多々あった事を思い出しますなw 不思議と、嫌な雰囲気だから~とっとと引越ししたい!とは思ってませんでしたけどw


 隣部屋に誰か住んでいると思い込んでいた気配、立地的にすぐそばに小さなお墓と小さな公園の関係、強烈に感じる部屋に誰かが入ってくるかのような気配、玄関の鍵、仕切り戸が~目が覚めると、開いてたり閉まっていたり……。

 そんなこんなで八王子の部屋… 人ってもんは、気にすれば気にするほどに~余計なもんに気が付く!w まぁ、敏感になっちゃうんでしょうねぇ……。 (1)~(4)で、話した事から数日後だったと思います。

 

 とある夜中に、また目が覚めちゃったわけ…


近頃、この部屋は妙だ!?って思い始めてはいたものの… 逆な気もするんですが~玄関の鍵を、あえて閉めないようにしてましたw 何故か?自分にとっては、何かあった時!密室状態は嫌だから! やっぱ、逃げ道がないとねw


 さて、とある真夜中に目が覚めた理由は何か…

 

 ベッドは謎の隣部屋側にある壁にくっついていたわけですが~ふと… 壁の向こうから、トントンと壁を叩いてる様な気が!?!?!?!

 

 ノックですか? 何ですか? あれ、今何か鳴ってた!?ってな具合… ふと、目が覚める… なんなんでしょうか?

 

 こういった場合、妙にハッキリ目が覚めた感覚でありながら~何故か身体は動かさない! 意識だけが目覚めたかの様な感覚……。 自分が目を覚ました体勢は、少々の横向きで壁を向いてる方向。 妙な隣部屋の方向を向き、部屋の中央を背にしている状態。

 

 

 マジですか!? 冷静の様で、やめてくれ!って意識の中…


 

 ドキーン!


 

 と、リアルな自分の心臓鼓動音がハッキリ聞こえました… 何か? 案の定、玄関から誰か入って来た感覚が再来! しかも、強い感覚で… 慣れつつあったか? 馬鹿を言ってはいけません! いつになっても、嫌なもんで変わりなし! あれは、心身共に影響がよろしくない! とはいえ、いつもの様に~冷静に考えました。

 

 

 本日、玄関の鍵を閉めたか? 閉めてません! これは絶対で認識アリ♪

 

 仕切り戸は? 寝る前に確実に閉めた! これも認識アリ♪ いつもと違う事、上記2点において~確実って事だけww


 

 その感覚と同時に、隣部屋からの音は聞こえなくなってたのか~意識から忘れてしまっていたのかは謎ですw

 今後の自分の行動決定は? 誰か入って来たのであれば、仕切り戸が開いた瞬間に飛び起きる!w

 

 ふふふ、これは… あっさりと覆される事に…


 玄関の方向! 次は中間にある仕切り戸! そして自分の頭側! この順番に、当然意識集中モード! ついでに心臓はバンバン暴れてました。 自分の心臓のせいで、ベッドが軽く揺れてるんじゃないかって程に……。


 そんな中、誰かが入ってきた気配が~玄関から仕切り戸に近付いてきてる!って気がしてならん最中です!


 

 突然ですが、ん?って思うことが……。


 

 ドラマの演出で言うならば~緊迫シーンに心臓音が大きく鳴ってる最中! 突然、無音になり~部屋の天井から自分が寝ているベッドを見下ろすかの様……。 そんな視覚がズレル様な感覚に襲われ、ふと思う事……。



「自分の両足首、誰かに掴まれてねぇか?」


 

 ドラマで、ドキッとする様に急に掴まれるのと同時に効果音発生とは違うわけ…w あれ? そう言えば……。 足首……。 誰かに掴まれてるような気がしますけど……?ってな具合><

 

 ドラマと自分の体験談で大きな違い! それはですね……ジワリ、ジワリと恐怖がやって来るわけですよ! 言っておきますが、当然! 6~8畳狭い部屋にあるベッドと壁の感覚は、自分の足首を誰かが掴むようなスペースは存在してません……。


 

 そんな疑問を考える余地もなく、次!


 

 自分の視界的には~半分が壁と布団って所なわけで背中側には部屋中央……。 ベッドと床の隙間は、約30センチ! ありがちなベッドなんだけどw 多分、自分の腰ぐらいの位置だと思うんだけど~


 

「ベッドの下から、何かが頭半分だけ覗かせて~自分を見ている…」


 

 これ… 自分で見たわけじゃないのね… 純粋な感覚! 自分の背中側で見えないんだけど、何故かそんな気がしてしょうがないわけ!!


 

 ここで、完全に~ 動けない! 足首を掴まれてるような感覚……。 背中側から、想像するだけで恐い状況の何かが見据えてる感覚……。 蛇に睨まれた、蛙かのような!って表現がしっくりくるかなぁw 一般的に言われる、金縛りとは違うけど~まぁ、似たような状態!


 

そして… 再度、ふと思う事! そういえば玄関から入って来た気配ってヤツどうした? って事ですよ……。


 

 ぶっちゃけ、全てが~そんな気がする!って事ばかりが重なるだけなのだけど……。 不思議なもんで、全く時間の感覚もなかったね! どれくらいの時間で、上記の事を考えたのか?気が付いたのか…? 謎!


 

 そういえば、玄関からの気配は何処に!? 一瞬だけ忘れていたそれ、それを思い出した瞬間ですな……。



 あの~ 絶対に……。 枕元に立っていませんか? ここがピーク!!!!!


 

 いやいや伊阿彌あいやあいやぎゃああぁやがやあああ…… マジで嫌!w



 いつの間に? 仕切り戸は? いやいや、気のせいか? 一生懸命、目だけで自分の頭の先を見ようとするも無理よねコレ!

 相変わらず、そんな気がする!って事で不確かなんだけど~絶対に誰か立っている!

 

 何故か白い感じで、男だと思う!


 実際に見てるわけではないのに、何故か絶対にそうだと思わせてしまう… そんな何かって、何!? 何故かイメージが沸いてしまうのは、どうしてなんだろう……。

 

 一瞬だけど、自分の視界がズレて~足元側の部屋角天井から、自分を眺めてるかのような視点……。



 両足首を掴まれてる……。


 

 背中に感じる視線は、ベッド下から覗かせる頭半分……。


 

 頭の枕元に立つ、男の白いシルエットのような気配……。



 ここで思考回路は停止だよね……。


 

 ふと、目が覚めるのと同じように~再度で目が覚めました! 目を開ければ、部屋の中が明るい♪ 同時に身体も動く♪

 

 

 さっきの恐怖体験と、今の目が覚める感覚……。 体感時間で言えば、一瞬しか時間は経ってないように思えるのだけど!?

 目覚めは素晴らしいものでしたが、最悪の目覚めってな状況……。 夢だったのかなぁ……?


 

 部屋が明るいのに、何故か振り向くのが嫌だったのを覚えてますよ……。


 

 まぁ、振り向かない事にはしゃ~ないんだけどw いざ、振り向いた時、部屋は明るく、身体は動くのに……。


 

 またも、心臓ドキーン!


 

 真っ直ぐ、玄関が見えたわけ……。


 

 仕切り戸は、閉まっていたはずなのに… 開いてますけど!? そして、案の定ですが~玄関の鍵は閉まっていました……。

 

 

何故かその後、その部屋では夜中の恐怖体験はなくなりました…w その一回だけかな! これも謎だけどねw

ってな具合で、その後も嫌な雰囲気はありつつも、半年ちょいくらいは住み続け~2年契約の更新前にはお引越しいたしましたw

 

 ところで、思い出しながらで書きつつ~ふと思い出した事なんだけど……。

 

 普通、一人暮らしの部屋で鏡があるのって当たり前? 何故か八王子の部屋には置かなかったんよね~個人の趣向ってのもあるんだろうけどw


 鏡って恐くないですか?

 

 毎日、何気なく必ず見てる気がするけど~自分が見てる鏡に映ってる世界は、自分が居る側とは反対に写る。

 しかも、ちゃんとした左右対称ではなくて……。 説明難しいけど、視覚的な対照? まぁ、なんでもいいかw


 自分が八王子の部屋に鏡を置かなかったのは、なんとな~く、嫌だったからだけなんだけどね……。

 


 ちなみにこういった話、自分はあまり口に出しておりません。 たまには話すけどw 理由は… 幽霊見えるよ!?って事はゼロですが、実際~それとは違う不思議な感覚があったりします……。 これは秘密♪

 まぁ最近、この感覚について~現実味を帯びてたりする事が嫌ではありますが……。 実際に確実に幽霊だと思えた経験は一回で中学生の頃。 これに関しては、嫌な物ってより~いいもん見ちゃったぜ♪って感想でしたw

 

 

 

 ★ 八王子の部屋 4

 

 

 ★ 八王子の部屋 1

 

 

Please reload

広告

 

​シェアをお願いします♪

現在HPを日々改築中!

​☆☆☆☆☆

広告

  • アマゾンの社会のアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン
  • Instagram Social Icon
  • Facebook Classic

 

お問い合わせ

contact@daisuke-ozi.com