ダイスケのブログ 記事

Blog

コレクションとは?再挑戦のキッカケ! SS15-2

Wednesday, March 15, 2017

 今回はとても急な話でした。 昨年度の秋口からとある四名に、これからでモデルを目指す段階から海外挑戦を視野に入れてまで短期間の特別指導を行っていました。今年の二月、その内の二名が実際にヨーロッパへ挑戦すると事になったのですが、その際に自分は保険の種蒔きをしていました。 (過去に自分が海外へのアドバイスしたモデルで、海外での事務所に所属出来なかった事はほぼありません♪ この二名のためでもあり~自分の保身ためでもありw) 久々に自分の所属していた事務所に、メールを送ってみたのです。 まだ明かせない目的が一つと、その挑戦する二名が~事務所が決まらない場合の最終手段で紹介の形をとれる様にです。

 

 その連絡が妙なタイミングでキッカケとなるのです。 そもそも、自分が昔に書残した物を読んでる方や~海外挑戦の経験あるモデルならわかると思いますが、海外の事務所はアジア系のモデルに対して少々冷たい所があります。 ビジネス的に当然な理由でもあるし、英会話のコミュニケーションの問題も少々なのでしょうがないw

 

 経験上、そんな風に思っているいるのに~先ずメールの返信がとても早い! そして自分の事を覚えていただけでなく~『わかったから、とりあえず次の6月に来い』 と言うのです。 オッサン、年甲斐もなく~少々で胸が躍りました♪ そして正直な所、困惑したのです! だって、だって、モデル辞めて7年が経ち~18kg位は太ってる! 残念! 

 

 この事を事務所側は知らないとは言え、メンズのシーズン6月に呼ぶなんて~何?最近の傾向として、世界のモデル業界でアジアモデルの立ち位置が向上した事や、日本では30代のモデルやタレントの需要に変化がある事などが~ボチボチで話題になっていた事などを思い出しました! 人間の頭ってのは、とても自分の都合に好くで解釈する癖がありますので~皆様も御用心ください!w

 

 そして、とりあえず調整してみると伝えつつ~痩せられたら、準備が間に合うならで、考えればいいか♪ などと気軽に考えていた所、気が付けばHPに自分がUPされる!新しい写真を送るようにとメールがあり、今までで一番の対応が良い事に嬉しい半面、断り辛い状況へと陥っていくわけです! ちなみに、紹介するかものモデル二名は~一応は無事に別で事務所が決まりました♪

 

 

 コレクションってのは、パリ・ミラノ・ロンドン・NY・東京などで~各ファッションブランドが集い、一斉に新作発表を行う祭典♪ ここ近年はファッションウィークと呼ばれてる。

 

 プレタポルテ、オートクチュール、レディース、メンズ、秋冬、春夏となります。 男女で別れていると考えても、各ブランドは年に二回で大きなビジネス的な広報として重要!

 

 

 シーズンってのはファッションウィークの事を指し、年明けからロンドンのメンズからでミラノ・パリ・NYなどとぐるぐる順番に開催されてるわけです。 雑誌関係やバイヤーは、合わせて多忙な時期になるのかな、よく考えれば年中って事になるけどw

 

 どこの開催地でも、だいたい一週間前後で朝から晩まで順番に何処かしらで何かのブランドがファッションショーなりの発表を行っているわけです。 各国支店の代表や、重要な広報関係に、セレクトショップなどのバイヤー、それ等の反応を見て実際に発表した新作をどの程度で生産するかなど考慮だったり、とても重要なイベント! これに合わせて、有名人やモデルなど集うことになるので~華やかなイメージがあるのだろうけど、裏側ではビジネス的な重要度で考えると広報戦争ですな・・・w

 

 

 昔はスケジュールが緩く、モデルは順当に開催地を回れたのだけど現在は困難。各開催地が終了毎にすぐ次の開催地で開始されるため~バイヤーやプレスは◎になったのだけれど、裏側は超多忙~モデルは売れっ子を除いて、ある程度で移動先を絞る必要性が出てきました。

 

 モデルの視点で言えば、ショーに出るのは30~50人位、その内で売れっ子などは大元の所属事務所にオファーあり予約済が約2~3割、その他を現地に集まっているモデルから選ぶ形になります。 ちなみに自分が経験した話だと~ミラノコレクションの某ブランドでオーディションの整理番号が700番代・・・ 世界中から集まると考えると、多いのか少ないのか~異様な光景でしたな♪ 日本でアルマーニ来日ショーの時も、男女で500人近く招集されてたしね・・・w

 

 

 前1★おっさん、とりまミラノへ向かう♪

 

 次3★モデルの厳しい立ち位置、決意!

 

サブカテゴリー

Please reload

広告

 

​シェアをお願いします♪

現在HPを日々改築中!

​☆☆☆☆☆

広告

  • アマゾンの社会のアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン
  • Instagram Social Icon
  • Facebook Classic

 

お問い合わせ

contact@daisuke-ozi.com